So-net無料ブログ作成
検索選択
XAMPP PHP独習 ブログトップ

PHP サイトのタイトルを共通名にする 実験 [XAMPP PHP独習]

PHP サイトのタイトルを共通名にする 実験


タイトルなどの設定(ファイル名 init.php)

<?php
$title="タイトル名";
?>

 

index.php など共通のタイトル名を使うファイル

<?php
include("init.php"); //タイトル名の読み込み $title="タイトル名"
?>

<html>
・・・・
<title><?php echo $title ?></title> //タイトル名の設定

</html>


タグ:PHP

PHPのバージョンを調べる  [XAMPP PHP独習]

PHPのバージョンを調べる 

php_info.jpg

<?php
#    PHPのバージョンを調べる関数
#        phpveresion()
#    PHP詳細情報   
#        phpinfo()
#
echo  "<p>PHPのバージョンは ",phpversion(),"</p>";
phpinfo();
?>

 


タグ:PHP

PHP for の練習 [XAMPP PHP独習]

PHP for の練習

php_for.jpg

<?php
/* PHP練習 FOR
*/
#for (初期値式; 条件式;増減式(実行後の処理)) {  
# 処理script
#}
## PHP                            VBAとの比較
## for($i=0;$i<100; $i++) {           for i=0 to 99 step 1
##     処理
## }                                next i

    for($i=0;$i<=10;$i=$i+2){    //for i=0 to 10 step 2
    $a=$a+1;
    echo "\$i = ",$i,"<br>";    //$iを文字列として表示したい時は\をつける
    }
    echo "ループした回数(\$a)は ",$a,"回","<br>";

?>


タグ:PHP

PHPエディタ テンプレートの追加 [XAMPP PHP独習]

PHPエディタ テンプレートの追加

phpEditor_temp.jpg

メニューバー→テンプレート→テンプレートディレクトリを開く
項目を追加するには、新しいフォルダを作成する(例 CSS)
テンプレートの追加は、新しいテキストファイルを作成して、ファイル名(テンプレートで表示される名前)を変更する(例 文字に色.txt)
作成したテキストファイルを開きタグなど記述して保存する
利用方法は、メニューバー→テンプレートを選択し項目を選択してテンプレートを選択

phpEditor_temp2.jpg

phpEditor_temp3.jpg

 


タグ:PHPエディタ

PHP カウンター  [XAMPP PHP独習]

最初の一歩はお決まりのカウンター作成

ttp://php.s3.to  様のシンプルカウンターをベースに(コピペ)出力部分をprintfに変更しただけコード

php_counter.jpg

事前にphp保存フォルダと同じ場所に、count.txtを作成する
ローカルではなく、サーバーにアップする時はパーミッションを644,606,666,などに変更する(書き込みを許可)
フリーソフトのFFFTPを利用するとパーミッションの変更も簡単にできる

ffftp_permission.jpg

 

<?php
/* シンプルカウンタ by ToR http://php.s3.to  2000/10/18 */
#    $fp as 文字列
#    $count as 数値
#        @fopen    http://nyx.pu1.net/function/filesystem/fopen.html
// カウント数が保存されているcount.txtを開く
    $fp = @fopen("count.txt","r+") or die("ファイルが開けません");
    flock($fp, LOCK_EX);        // ファイルをロックする
    $count = fgets($fp, 64);    // 64バイトorEOFまで取得
    $count++;                    // カウントアップ、$count = $count + 1
    rewind($fp);                // ポインタを先頭に
    fputs($fp, $count);            // 書き込む
    fclose($fp);                // ファイルを閉じる
    printf("Total <B>%06d</B>", $count); // カウンターを表示する                  
?>


printfで6桁にフォーマットする
printf関数 ttp://nyx.pu1.net/function/strings/printf.html


フルサイズの動画
http://www14.atpages.jp/nokie/telstar/PHP/PHP_counter02.swf.html

 

 


タグ:PHP

PHP CSVファイルを表形式(tableタグ)に変換する、UTF-8に変換する 実験 [XAMPP PHP独習]

PHP CSVファイルを表形式(tableタグ)に変換する、UTF-8に変換する 実験


数年前に書いたコードで、当事はこんな事書けてたのかとちょっと信じられない。
今はすっかり忘れていて一からやり直しだ。

 11.csvを読み込み表形式(UTF-8)で出力

<?php
if( $csvfile = fopen( '11.csv', 'r' ) ){
   echo '<table border=1 cellspacing=0>';
   while( ( $data = fgetcsv( $csvfile ) ) !== FALSE ){
     echo '<tr>';
      for( $i = 0; $i < count( $data ); $i ++ ){
       $data[$i]=mb_convert_encoding($data[$i],'UTF-8','UTF-8,Shift-JIS,sjis,EUC-J'); //UTF-8変換
       echo '<td>' . $data[$i] . '</td>';
       }
      echo '</tr>';
    }
    echo '</table>';
fclose($csvfile);
}
?>

XAMPP PHPエディタ でPHPの学習 [XAMPP PHP独習]

すっかり忘れていたXAMPPとPHPエディタでPHPの学習を再開する事にした。

ttp://phpspot.net/php/

PHPeditorS.JPG

XAMPP apacheの設定メモ
httpd.conf (C:\xampp\apache\conf)

ポートの設定
Listen 8080
ServerName localhost:8080
ドキュメントルート
DocumentRoot "D:/bk\homepage"
<Directory "D:\bk\homepage">

http://localhost:8080/
http://127.0.0.1:8080/

PHPエディタの設定
   実行URLの設定
     メニューバーの「実行」→「実行URLの設定」を開き、Apacheで設定したドキュメントルートを入力し設定する
   エディタの設定
     メニューバーの「表示」→「エディタ設定」を開き各項目を設定する(初期設定のままでOK)

 phpEditor_04.jpg

phpEditor_07.jpg
色の設定を初期値に戻すには、色の所で右クリックし、「カラーをデフォルトに戻しますか?」で「はい」を押す

プロジェクトを追加
   「ファイル」→「新規プロジェクトの追加」をクリック
   画面左の「プロジェクトビュー」の右側の▼を押して、項目を選択する
   「ファイル」→「名前を付けてプロジェクトを保存」を選択して、Apacheで設定したドキュメントルート以下に保存する

実行
  「実行」→「実行URLを開く」を選択すると、画面下部にブラウザが表示される
  URLを入力して、右の移動ボタンを押す URLの例 http://127.0.0.1:8080/PHP/test.php
    実行する前に必ず上書き保存する

 

 


タグ:PHP
XAMPP PHP独習 ブログトップ