So-net無料ブログ作成
検索選択

廃棄物利用パラボラアンテナでお湯を沸かす。 [ソーラー発電]

廃棄予定のBS用パラボラアンテナを改造して、お湯を沸かした。

改造箇所は電波受信部分を切り取り「やかん」をセット出来るようにする。

アンテナ部分にアルミ箔を貼り付けて太陽光を反射して、やかんに集中するようにする。

太陽高度に合わせて角度調整する。(やかんに太陽光が集中するように)

な、感じで、60-65度にお湯が沸く

やかんがむき出しなので、熱が放熱されるのが欠点かも

DSCF0083.jpg

DSCF0082.jpg

 

 


デジタルテスターの校正 [ソーラー発電]

10年ほど前にヤフオクで購入した中華のデジタルテスターの電圧と温度の表示を校正した見た。

kaise(日本製)のデジタルテスターと中華のデジタルテスターでは、DC電圧でコンマ数ボルトの違いが有ったのと、アナログ温度計で1度ほど違いがあったので校正した。

DSCF0079.jpg

たしか、右に回すと表示電圧が小さくなり、左に回すと大きくなる、、、だったかも

温度も同じで、右に回すと小さくなり、 左に回すと大きくなる。

DSCF0075.jpg

DSCF0076.jpg

DSCF0077.jpg

 

 


回転音がおかしくなったHDDを修理してみた。 [パソコン フリーソフトなど]

認識出来なくなったり、起動しても途中で回転音がおかしく(ぎゅーぐー、ぎゅーぎゅーぐー)なったHDDを適当に修理してみた。

検索してみると、基盤の交換とかあったので、取り合えず基盤を外してみた。

外すのには、取り付けようのネジの頭が星型で、専用ドライバーを所有していなかった ので精密ドライバーのマイナスを代用して外した。

精密ドライバーを回すのにはペンチなど利用して、精密ドライバーを強くネジに押し付け回した。

 

基盤を外してみると、線の付いたコネクターではなく密着コネクター?(正式名称はわかりません) だったので、接触部分の清掃と強く当たるようにほんの少し曲げた。

コネクターはディスク回転用モーターの為の端子と、ヘッド関係の端子で両方綿棒で擦って清掃した(かなりいい加減)

で、、、、、、、再組み立て後起動してみたら、、、、、、、、、、直った!

直って気分爽快でああった!

HDD_03.png

HDD_01.png

HDD_02.png

半年ぶりに記事を書いたが、やり方をすっかり忘れていたので時間が掛かってしまった。

またブログを更新しようか、、、