So-net無料ブログ作成

富士通 FMV-830NU/L VirtualBox でUbuntu10.04 を試す。USBプリンターの設定 [富士通 FMV-830NU/L]

富士通 FMV-830NU/L VirtualBox でUbuntu10.04 を試す。USBプリンターの設定

 VirtualBox でUbuntu10.04を起動し、USBに接続されているプリンターの電源を入れる。

VirtualBox_Ubuntu10_25.png
VirtualBox のツールバーから、デバイス→ USBデバイス → 表示されているプリンターを選択

WindowsXPが VirtualBox USB がみつかりました。でドライバーのインストール

で、使用できるようになった。

プリンターへのアクセスは、システム → システムの管理 → 印刷

VirtualBox_Ubuntu10_26.jpg

VirtualBox_Ubuntu10_28.png

VirtualBox_Ubuntu10_29.png

 

 


富士通 FMV-830NU/L VirtualBox でUbuntu10.04 を試す。画面の設定 [富士通 FMV-830NU/L]

富士通 FMV-830NU/L VirtualBox でUbuntu10.04 を試す。画面の設定

前記事 http://telstar.blog.so-net.ne.jp/2012-12-08

インストールが完了したら、次にする事(画面を最大で使用出来るようにVirtualBoxに機能を追加する)

VirtualBox_Ubuntu10_13.png
virtual Box の デバイス→ Guest Additions を選択しインストールする

VirtualBox_Ubuntu10_14.png

VirtualBox_Ubuntu10_15.png

VirtualBox_Ubuntu10_16.png

VirtualBox_Ubuntu10_17.png

VirtualBox_Ubuntu10_18.png

追記 以下のドライバはインストールしなくてよさそう

ついでに、http://askubuntu.com/questions/4658/how-to-install-intel-82852-855gm-driver を参考にしてintel-82852
ドライバーをインストール 
Ctrl + Shift + Tキーを押して端末を起動する。

sudo add-apt-repository ppa:glasen/intel-driver
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade 
を順に入力して実行 

VirtualBox_Ubuntu10_19.png

ここでUbuntuを再起動

次に、Host キー(キーボード右側のCtrlキー) + C  を押して、スケールモードにする。(例 800*600 でも 1024*768サイズで縮小表示できる)

システム→モニター でスクリーンサイズを1024*768にする
VirtualBox_Ubuntu10_22.png

VirtualBox_Ubuntu10_21.png

 フルスクリーンモードは Host + F

こんな感じで画面の設定する

一応ここまで、つづく

 

 

 


富士通 FMV-830NU/L VirtualBox + USBメモリーでUbuntu10.04 を試す。 [富士通 FMV-830NU/L]

富士通 FMV-830NU/L VirtualBox + USBメモリーでUbuntu10.04 を試す。

VirtualBoxを利用して、USBメモリーに仮想ドライブを作成しUbuntu10.04をインストールする。

VirtualBoxのDL
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads  から、VirtualBox 4.2.4 for Windows hosts  x86/amd64をDLインストール

VirtualBox 4.2.4 Oracle VM VirtualBox Extension Pack もDLインストール

Ubuntu10.04 ISO のDL
http://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix から、ubuntu-ja-11.10-desktop-i386.iso(CDイメージ)をDLし、CDに焼くか適当な場所に保存する

VirtualBoxを起動し「新規作成」をクリック

VirtualBox_Ubuntu10_01.png
名前を付けて次へ

VirtualBox_Ubuntu10_02.png
メモリーサイズを決める(デフォのままで)次へ

VirtualBox_Ubuntu10_03.png
仮想ドライブを作成

VirtualBox_Ubuntu10_05.png
可変サイズを指定して次へ

VirtualBox_Ubuntu10_07.png
仮想ドライブをUSBに設定 作成

VirtualBox_Ubuntu10_06.png

作成したら、VirtualBox の設定をクリック

VirtualBox_Ubuntu10_09.png
Ubuntu10.04 ISOファイルを指定する

VirtualBox_Ubuntu10_10.png

起動ボタンを押して起動する。

途中でエラーが発生したら、OKボタンをおして終了し再度起動する。

Ubuntu10.04が起動したらデスクトップのインストールをクリックして、作成した仮想ドライブ(USB)にインストール。

今日の記事はここまで、設定などは次回につづく

 VirtualBox_Ubuntu10_11.png

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。