So-net無料ブログ作成
検索選択

使用出来なくなったノートPCのリチウムイオン電池を利用する計画 [その他]

使用出来なくなったノートPCのリチウムイオン電池を利用する計画

Windoes98時代の古いノートPCを廃棄する事になったので、捨てる前に色々実験する事にした。

DSCF0033.JPG

DSCF0036.JPG

リチウムイオン電池の正体が不明なので電圧3.6Vとして利用方法を考え、単三2本で動くデジカメで実験してみた。

当然 リチウムイオン電池と単三の充電池では大きさが違うので、ボール紙で単三の大きさの物を作り電極をつけ、デジカメもコード引き出すため加工した。

リチウムイオン電池の充電終了電圧を4.2VとしてDC6VのACアダプタに20オームの抵抗を直列に接続し、電圧が4.2Vになったら充電終了とした。

このままでは電圧が高すぎるので、ダイオードを直列に入れて0.8Vほど電圧を下げた。(ショットキーバリアダイオードに変えて電圧降下を小さくしないと、電圧が下がりすぎる)
デジカメをコードを引き出せるように加工。
デジカメは富士フイルムのFinePix4700Zで電池馬鹿食いで、シャッターを押した瞬間に電源が落ちるとんでもない状態なので、加工して壊れようが未練はないので色々いじって見ることにした。

kodack 022.jpg

単三用のダミーを作りデジカメに装着する。

kodack 021.jpg

kodack 016.jpg

 

結果報告

撮影中に電源が落ちることは少なくなり、動画も16MB分撮影も出来たのでほぼ満足できる結果だった。

追記 翌日再生はOKだけど撮影は駄目だった。

で、充電したので簡単なデータを取ってみた。
不注意で電圧が4.22Vになったが、特に電池の発熱等は無かった。

CI000001.png

追記 2012/04/20

リチウムイオン電池の正体が分かった。


MC/30用電池セル
メーカー AT&B
セル型番 LGR18650P
情報入手先 東芝電池㈱
(OEM向けページ) 
作動電圧 3.7V
容量 1650mAh(typ)
1600mAh(min) 1250mAh(typ)
  
外形寸法 φ18.4×65.0mm
質量 42g
組電池構成 3直列×2並列
組電池容量 3300~3200mAh
組電池質量 252g


容量が1600mAほどで、3本並列なので4800mAになる。
古いせいか、デジカメで使用して長時間使えないので容量的には半分以下かも、、でも16MBのメモリーを使い切るほどの撮影は出来るのでよしとする。

但し、電池をデジカメにつないだままにすると消耗が激しいので(デジカメのせい)外しておく必要がある。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: